デマンド・キャパシティ管理

生産容易度の包括的分析

予定された注文の安全供給を監視および管理

予定された注文のスペア部品供給を保証

差し迫ったボトルネックと影響を受ける注文の特定

過剰キャパシティと潜在的なコストの認識

問題に対する迅速で断固とした対応を実施するためのデマンド・キャパシティのシナリオを検証

個別注文やグループの迅速なBOM展開

目標とするグループの個別の部品番号の処理

デマンド・キャパシティ管理

適切なプランニングと柔軟性を保証するジョブ、市場、生産リソースそしてサプライチェーンの包括的な全体ビュー

短期や中期の時間枠においては、予測と実際のセールスの相違に対し、計画立案者が迅速かつ柔軟に対応する能力を持つことが必須となります。予定された注文に対して何らかの変更があれば、多岐にわたり影響を及ぼす恐れがあるため、インテリジェントな形で実施される必要があります。最新状態を保つため、計画立案者は既存のキャパシティ・プランを利用することが可能かどうか、または、新たなキャパシティを確保しておく必要があるかどうかを見極めるため、新たな状況と既存のプランを突き合わせる必要があります。

フレクシスのデマンド・キャパシティ管理により、供給不足には迅速かつインテリジェントな形で対応します

差し迫った供給不足の早期検知と、影響を受ける注文の特定は、現在の製造業において最優先の課題です。こうしたキャパシティに適合する利用可能な能力や作業などの情報は、注文の再スケジューリングを最適化するうえで必須となるものです。

デマンド・キャパシティ管理の焦点は、短期と中期のプランニングを確固たるものとすることにあります。すべての製品レベルにおいてニーズとキャパシティのバランスを継続的に調整することにより、計画立案者は、ボトルネックや生産の課題、販売注文の変更などの異変に、迅速に対応することが可能となります。


詳細について確認されたい場合には、以下にメールアドレスを入力してください。ファイルのダウンロード用リンクを送信いたします。