ジョブショップ計画設定

設定時間の15~40%削減

期限厳守の12~20%増加

特別措置の節減(超過時間、臨時出張等)

機械稼働率の20~30%上昇

ジョブ管理システム:お客様の需要に応えるために必要となる稼働能力を最適化する目標指向のプランニング

弊社のソリューションによって、注文を作成および管理することが可能なだけなく、注文を実行するために投入される関連の機械類、人員、資材ならびに工具構成を予測することが可能となります。フレクシスは製造要件のすべて、そして約束した納期を考慮に入れ、個別の注文のプロセス・フローを最適化し、生産領域全体の可視化を強化することができます。

綿密なプランニングとは単にリソースの最適活用にとどまるものではありません。課題が複雑化することで絶えず問題や状況変化に対応しながら迅速に、柔軟に、そして正確に生産を最適化する仕組みを採用する生産能力が必要となっています。第4次産業革命「インダストリー4.0」の精神により、フレクシスは生産のあらゆる段階において機械稼動プランを柔軟に最適化するソリューションを実現しています

最適プランの作成において顧客に約束した期日、内外のリソースの構成、人的な余力と技能、そして資材や工具の可用性すべてが勘案されます。結果として、対応する比重に基づくお客様の会社の個別の目標(時間厳守、リソース活用、設定時間および生産数量)に見合う最適な活用プランがもたらされます。

さらに、フレクシス・ジョブショップ管理システム(JMS)は、新規注文の納期や注文変更に伴う納期変更を含め、正確な最新情報を提供することで、お客様の顧客に対する透明性の強化を実現します。

フレクシスは、生産能力と決められた納期を考慮して柔軟に目的志向型のプランニングを行うソリューションを提供します。

さらなる情報に関しましては, Eメールにてpdfの資料をお送りいたします。
こちらにEメールアドレスを入力してください。

お客様の要求とプロセスに応じたソリューションフレームワーク:フレクシスはお客様が目指す現在と将来の目標に合わせてソリューションを提案します。

フレクシス・ジョブショップスケジューリングのどこが特別なのでしょうか?お客様ご自身の目でお確かめください。ひとつのソリューションには多くの可能性があります。

フレクシスが提供するシナリオ機能を利用して、起こり得る変化を評価、検証

シフトの追加や残業でしか短期的な過負荷に対処できない場合があります。長期的なプランニングでは、人員や機械の追加、改良によって生産能力を向上させる必要がある場合もあります。適切な情報がそろっていない状態では、このような判断を下すのは極めて難しく、場合によっては誤った判断が下されてしまいます。フレクシスのシナリオ作成機能なら、変更によってどのような影響が生じるか、最も低コストで大きな効果を生む変更はどれかを検討することができます。業務全体の透明性が向上することで、より正確なプランニングが可能となり、加えて、無駄なく上手に組織を運営することができます。

多基準最適化:目的に応じて全体的に最適化された計画を作成

生産において達成すべき目標は、サイクルタイムの最適化だけではありません。多くの企業が、在庫の最少化、生産能力の最適活用、施設稼働率の最適化、納期順守にも重きを置いています。フレクシスのプランニングソリューションは、これらのキーポイントをその重要性に応じて組み込みながら全体最適化を行い、貴社の目標の達成に向けて最適な計画を策定することができます。

将来長きにわたって活躍するプランニングソリューション:プランニングとMESの密接な組み合わせを実現

インダストリー4.0は、フレクシスがソリューションを作成する上で、その基盤として重要な役割を果たしました。そのおかげで、生産に関する情報を直接的に一本化し、プランニングに必要なリアルタイムの情報を利用することができます。また、セットアップタイム、必要なメンテナンス、機械のダウンタイムがプランニング機能に組み込まれ、現在の生産能力の全体像を把握することができます。これにより、プランニング担当者は生産システム全体を俯瞰することができ、新規生産指示の入力や生産停止の際に、情報に基づいた判断を下すことができるのです。

インテリジェントプランニングに欠かせない透明性

スケジュール変更、作業者の緊急動員、遅延、設備不良、顧客要求。日々の業務で生じるこれらの課題に対応するため、プランニングツールには十分な柔軟性が求められます。フレクシスのソリューションは、問題が生じたときに業務にどのような影響が生じるかを素早く特定し、最適な解決策を提示します。問題とその影響を受ける生産指示を迅速に特定することで、可能な限り最適な生産を続けるために必要な変更を容易に実施することができます。