コンテナ管理 – 貨物

コンテナ積み込み序列に関する梱包上の制限の考慮

事前に設定された「運賃と輸送ユニット」の活用によるコスト最適化

川上の梱包センターの梱包序列の最適化

能力やリソースの制約の勘案による、総合的なプル型戦略の導入

コンテナ管理 – 貨物

コンテナ積み込みプロセスの継続的な最適化 – コンテナ積み込み、梱包および輸送のコストが低減の対象となり得ます

輸送コストはロジスティクスの全体コストにおいて大きな部分を占め、特にグローバルなバリューチェーンではこの傾向が強まります。コンテナ積み込みの最適化により、こうしたコストを大幅に節減できる余地があります。物品の輸送にあたっては、多くの費用対効果の優れた方法があります。しかしながら、コンテナ積み込みおよび川上の梱包の総合的な最適化等、ロジスティクスのコストを削減する手段も、数多く存在するのです。

コンテナ積み込みにおいて、上積み可能物と上積み禁止、部分的バンドルおよびコンテナ積載期日等の制限に違反することなく、積み込み序列を最適化する目的から、様々な状況を観察ならびに分析します。CKD(半完成品)においては特殊な事業を考慮する必要があります。1つの例としては、梱包物を1つのコンテナで輸送するのか、それとも別々のコンテナで輸送すべきなのかという問題があります。フレクシスのコンテナ貨物管理は、多くのさまざまな変数を考慮に入れることが可能となっています。


さらなる情報に関しましては, Eメールにてpdfの資料をお送りいたします。
こちらにEメールアドレスを入力してください。