ターボ式の透明性

グローバルな供給モニタリング - インバウンド・モニタリング - アウトバウンド・モニタリング

臨時出張を4~12%削減

安全在庫を30~40%圧縮

プランの安定性強化

事業部署にまたがって維持される透明性

プランニング格納庫の連結

ターボ式の透明性は、序列計画の「格納庫」型の従来のプランニングの基準をブレイクダウンして、全体的でエンド・ツー・エンドのリアルタイムのプランニングを実現します。同時並行でのリアルタイムでプランニングを実施することにより、データの夜間処理に伴う時間埋め合わせを必要とせず、事業部署同士が協業して最適プランを策定することができます。ターボ式の透明性は、業務プランニングと実行を単一の動的プロセスに統合することができます。

お客様の要求とプロセスに、弊社のソリューション・フレームワークを導入しましょう。お客様の組織における現在および将来の目標達成に向けて、フレクシスがどのようにカスタマイズできるのかをご確認ください。

グローバルな供給モニタリング

在庫水準が将来の需要値を充当できるように、長いリードタイムを持つ重要な部品をモニタリングします。グローバルな供給モニタリングにより、要求が供給を上回ることのないように、現在と将来の需要を、現在の在庫および発送と比較するチェック・アンド・バランスのプロセスを実現しています。在庫水準ならびに輸送の入庫や範囲のビューが、最新の注文票に連結されたグラフと表の形式で表示されます。

エンド・ツー・エンドの進捗状態に対する明確なビューにより、透明度とアジリティが強化されます。障害や集中的な対応を必要とする状況に迅速に対処することができます。

インバウンド・モニタリング

今後の生産プラン(計画済みの注文に基づく)に対する短期の部品供給をモニタリングします。今後の生産ニーズに対応させるため、現在の在庫部品と輸送中の部品に対して、必要な透明化ビューが提供されます。どの部分がボトルネックとなるのか、どの作業が部品不足の影響を受けるのかに関する全体像を得ることで、理解を深めることができます。こうした情報により、全体的なインパクトや付随するコストを最小化するために、予防的に確固たる対応を行うことが容易になります。

計画済みの生産の安全性を可視化し、影響を受ける注文を特定します。

アウトバウンド・モニタリング

供給能力を顧客ネットワークにおける需要との比較で検証します。どの注文が現在の在庫や計画された生産によって充当されるのか、どの注文が期限内に実行できないのかといった全体情報が取得できます。約束された期日を守るためには、どんな代替プランニングが利用できるのかを確認する目的で、プロセスのどの状態(計画済み、生産中、完了)に対応する製品があるのかどうかといったことについて、生産現場との継続的なコミュニケーションを維持します。

どの要求が実行されるのか、在庫別、生産別または予定された生産別に照合することで、顧客の納期を実現するために現在の状況と能力を恒常的に透明化します



弊社のモニタリング・ソリューションの詳細をご確認ください
詳細

自動車業界のバリューチェーンにおけるターボ・トランスペアレンシー

リンクされたナレッジ:需要、在庫および輸送に関する全体的なビュー

ターボ式の透明性の特筆すべき点は何でしょうか? ご自身の目で確かめてみてください。1つのソリューションには、多くの可能性が存在します。

情報に基づいた意思決定を行うためのリアルタイムのナレッジ

現在のサプライチェーンは、障害、急変する需要動向、輸送の混乱や生産の問題に、絶えず直面する状況となっています。こうしたことから、情報に基づいた適切な意思決定を行うために、容易かつ効率的に確認できる情報の継続的なフローが必要です。ターボ式の透明性は変化を検知して、そうした変化に対応する最適なソリューションを認識するために必要なリアルタイムのナレッジを提供します。加えて、短期的に運用変更の実施措置が取られる場合、ターボ式の透明性により、影響を最低限に抑え、最良の判断を行うための情報を揃えておくことができます。

リンクされたナレッジを通じた全体的プランニング

在庫、需要および輸送状況に関するナレッジにより、バリューチェーン全体の完全な透明化が可能となります。輸送の問題がある場合、その潜在的インパクトの全体ビューを作成するため、影響を受ける程度や注文が即座に割り出せます。影響を受ける部品や注文が割り出されれば、フレクシス・ソリューションが実現する透明化により、取るべき最適な措置が容易に明らかになります。つまり、単純な反射的決断から、より積極的でスマートな意思決定へ移行するのです。

差し迫った不足に対する早期検知とアラート

重要な部品、契約および顧客の要件が、計画立案者に差し迫った問題を知らせる統合型警戒システムにより、単一のビューで表示されます。

ユーザーは以下の包括的な全体像が得られます:
• どの部品がボトルネックとなっているのか
• どの要件/注文が影響を受けているのか
• どの顧客のニーズが遅延または未完了となっているのか