生産管理

新規注文から下流ラインやバッファーに至る総体的な透明性

不足する部品に基づいた生産に関する問題を考慮

組立て全体の既存プランニングの目標と制約の統合

生産管理

生産の効率を高める合理的な管理

同期化された生産環境において、塗装や抜き打ち加工等の上流領域は最終組立て領域に対して一種の内部サプライヤーとして機能します。最終組立てにおいて所定の序列が成就されたかどうかは、それ以前の生産領域で生じた過不足やそれらがどの程度是正されたかに左右されます。生産管理によって、ユーザーは再調整が必要な状況を迅速に特定し、注文バッファーや需要を考慮に入れながら、新たな目標に基づき、最適化されたプランを策定することができます。


詳細について確認されたい場合には、以下にメールアドレスを入力してください。ファイルのダウンロード用リンクを送信いたします。