計画の正確性を向上させる日程情報 ― フレクシスの需要・生産能力プランニングは、日程を軸にした明確なビジョンを提供します

需要・生産能力プランニングの最適化

「弊社は、フレクシスの需要・生産能力プランニングを利用することで、車両シリーズと部品の全体像を簡単に把握する機能を高めることができました。これにより、実行シナリオとターゲット納期を守ることや、これらの領域におけるプランニングの信頼性を高めることが容易になりました。
このソリューションは2014年以来故障することなく稼働しており、おかげでかなりの時間を節約することができました。また、フレクシスの需要・生産能力プランニングの導入以来、すべての従業員がいつでも最新情報にアクセスできるようになったため、社内コミュニケーションが改善し、フレクシスのソリューションを導入する前と比べて、例えば車両シリーズプランナーへの情報の流れがスムーズになりました。」Hans Georg Kling氏、ダイムラー社

弊社のソリューション:部品の需要評価システム

このソリューションは、利用可能なあらゆる情報を考慮し、柔軟に発注を計画する という考えに基づいています。したがって、現在システム上に生産がなくても、パートナンバーとコンポーネントの需要を計画することができます。さらに、パートナンバーの需要を分析するだけでなく、入力された変数に応じて、品質の観点から排除することもできます。

需要・生産能力マネジメントの最適化に関するダイムラー社の取り組みについて、詳しくは『LOGISTIK HEUTE』をご覧ください。

LOGISTIK HEUTE