グローバルサプライチェーンネットワーク ― 継続中の課題

サプライチェーンの障害を回避し、安定性を確保する:グローバルネットワークのリスク最小化

生産における障害や過剰生産能力をあらかじめ特定することができますか??

グローバルソーシングが自動車業界に与える影響は甚大です。材料や部品の過剰供給または供給不足は大参事を引き起こす恐れがあります。部品調達の段階では、短納期の供給ルートとグローバルな供給ルートを比較しながら供給の選択肢を検討し、効率的にサプライチェーンを管理することが重要です。サプライチェーンが遠くまで及ぶと、障害や長いリードタイムなどのリスクが生じ、供給の安定性を確保するためにコストのかかる緊急対応を行うことも必要になります。フレクシスは、次のようにしてこのようなリスクを最小限に抑えます。

  • 障害が発生した場合、影響を受ける注文を特定し、利用可能な生産能力を最大限活用する代替シナリオを作成します。
  • 拘束されていないまたは必要とされていない部品や人員を特定し、必要な場所への再配置や今後の受入数量の削減につなげる。
  • 販売、生産、生産計画、物流、スケジューリング、調達の要件を組み込んだ統合プランニングプロセスを活かし、生産能力とリーン生産を最適化する。

計画されている生産に対する供給の安定性の全体像を把握していますか?

今日のビジネス環境のもとで、多くの課題が生まれています。その一つが、増加する商品バラエティと世界中のサプライヤー工場のバランスを取ることです。在庫には制限があるため、必要な部品をすべて工場の倉庫に確保しておくことは不可能であり、したがってグローバルソーシングによって部品不足が発生するリスクがあります。問題は、「市場の変化による需要変動に対処する最適な方法は何か」ということです。在庫を持つと保管費用が増えます。緊急対応を行えば輸送費が増えます。短期大量生産を行えば作業費が増えます。したがって、利用可能な生産能力を効率的に活用するために、手元にある部品を使って何を生産するかをリアルタイムで検討することが重要です。
効率的に人員を配置し、柔軟性を生み出すには、発注計画や在庫管理の透明性が必要不可欠です。サプライチェーンマネジメントは総合的かつ戦略的なタスクであり、部門間の協力がなければ成し得ません。

生産能力に予測していない障害が生じた場合、影響を受ける注文を特定し、その影響を分析することができますか?

フレクシスのソリューションは、透明性と協調性を高めることで、サプライチェーンの障害を迅速かつ効率的に解決します。生産プログラムと生産能力、選択肢、部材の在庫を絶えず比較することで、生産可能性を提示します。What-If分析によって、代替プランを検証することも可能です。フレクシスのソリューションは、以下によって大きなアドバンテージをもたらします。

  • 生産プログラムの安定化と信頼性の高いスケジューリング
  • 顧客納期と生産能力を適合させることにより、納期順守を向上
  • 需要と生産能力の変動を早期に特定することにより、短期是正措置を削減
  • マルチレベルの部品在庫と生産能力負荷の透明性
  • 中期および長期納品日程の安定化

さらに詳しく知りたい方は、以下にEメールアドレスを入力してください。ファイルをダウンロードできるリンクをお送りいたします。

あなたにおすすめの情報:**

ターボ・トランスペアレンシー