序列計画

注文の分析と選択から序列計画に至る連続的なプランニング

設定可能な標準ルール/ 制約テンプレートに基づいた序列計画

コミットメント、設備属性、組み立て割り当てなどのすべての契約上の特性に基づいたルール

序列のための正確な予定スケジュールを算定

ルール違反、マニュアル変更に対するリアルタイム・アップデートの可視化

累積時間を計算する機能による結果の最終分析

生産プログラムのスムーズ化により生産性が2~5%向上

プランニング簡略化と、プランニング後の20~60%生産性向上という結果

安全在庫要件の30~50%引き下げにより、設備投資の縮小

再作業の削減 - 「高度パールチェーン品」、平均で30~50%の削減可能

序列計画

最適生産の序列計画 -効率的で適応性が高く個別設定が可能

序列計画は、生産と供給のすべての制約を考慮する最適化された組み立て序列を策定することです。生産序列は、利用可能なリソースを最大限活用しつつ、ボトルネックの回避を支援します。序列計画はパールチェーン・コンセプトを利用した生産を実現するための基盤形成を支援します

フレクシス序列計画のメリット

変化の多い組織の組み立てと生産の領域は、絶え間ない変化にさらされています。製品やプロセスに変更を加えることで、注文プランニングの要件は絶え間なく更新されていきます。フレクシス序列計画は、注文の作成、カスタマイズおよび設定に基づいて、計画立案者が自由にルールを定義できるようにします。新規の独自ルールの作成や、新たな生産条件に適応する標準ルール・ライブラリに基づいたルールの生成というオプションが用意されています。フレクシス序列計画では、距離条件などの追加ルールも利用できます。こうしたより高いレベルでの透明性や最適化されたプランニングが、全体の最適化を実現し、ボトルネックのリスクやその他の生産の障害を軽減します。

最適化された序列の狙いは、組み立て業務と組み立て時間の均一な配分にあります。市場における他のソリューションとは対照的に、フレクシス序列計画ソリューションは、自動車の属性(さまざまな駆動装置の種類など)に基づいた個別ルールを定義します。その結果、別のレベルの制約用途に関して、フレクシスのシステムの内部をさらに詳細に評価することができます。


詳細について確認されたい場合には、以下にメールアドレスを入力してください。ファイルのダウンロード用リンクを送信いたします。