注文割付

納期厳守の強化
フレクシス注文割付の導入事例によれば、納期計画が改善し、12~36か月以内に投資が回収され、期限内納品が99%まで向上します。

仕掛品(WIP)および完成品の在庫を10~30%圧縮
過去のバッファーと変更を考慮した在庫の保持。インテリジェントで安全なプランニングにより、倉庫作業や荷役のコストの削減が可能となります。

プランニング効率の向上
マーケティングや生産のプランの追及により実現される透明性のおかげで、手作業での試験や納期の検証はもはや不要となります。

注文割付

セールスと生産の間の効率的なコミュニケーションにより、納品の高度なパフォーマンスと柔軟性を実現。

注文割付、すなわち週単位や日単位での生産施設への注文やリソースの割り当ては、資材の供給を保証して顧客に対する時間厳守を最適化するために不可欠なツールです。現在、注文の搬出は、おおむねセールスに基づいており、生産可能な物品の最大限のレベルという点で生産の要件を考慮に入れています。

この場合、ロジスティクスは軽視されることが多く、結果的に障害が生じた際にコストのかかる処置を頻繁に施さなければなりません。このような軽視によって、顧客の満足度が低下して会社のイメージが損なわれる恐れがあります。長いリードタイムのサプライチェーンでのグローバルな部品戦略においては、こうした点がさらに悪化します。それゆえ、プロセス全体にわたる透明性、そしてセールスと生産の統合が成果を挙げるうえで必須となります。

注文割付の作業は、柔軟性を実現しながら連続生産を継続的に追求するため、顧客のリクエストと生産との間に立って調整することになります。すべての要件を満たしながら生産を続行するために、セールス関連の期日のコミットメント、長いリードタイプの部品、潜在的なボトルネック、そしてアイドル時間を考慮する必要があります。


さらなる情報に関しましては, Eメールにてpdfの資料をお送りいたします。
こちらにEメールアドレスを入力してください。