統合されたスケジューリング・フレームワーク

注文割付バランス調整輸送スケジューラー

移送に長時間要する資材在庫の12~18%圧縮

移送に長時間を要する特殊資材の運送コストが15%から20%に低減

納期厳守が8%から12%に向上

海外での仕分けについての取り扱いとスペースの要件が30%から50%緩和

輸送コストが4%から8%に削減

マスター計画:業務プランニング、注文プランニングおよび生産リリースの必須な連携

フレクシスのスケジューリング・フレームワークは顧客が需要の計画内で敏速に対応できるようにし、また、資材、ロジスティクスおよび輸送プロセスを安定化させます。

1つのシステムで複数のプランニング方式をサポート

マスター計画には、作成時に複数のプランニング方式を組み込むことができます。例えば、BTOシナリオにおける完全指定注文やBTS方式をサポートする数量ベースの割り当てを処理する、フレクシスの単体システムがこうした方式ならびに付属するデータを統合します。注文のマッチング、在庫評価およびCTP等の手法を、プランニング・プロセスの支援に適用することができます。

マスター計画をダイナミックにプランニング

リーンなサプライチェーンを最大限強化するために、複数のロジスティクスのプロセスを同時に安定化させます。生産の効率性を高めるため、ニーズ・ベースのスケジューリング、ロットサイズのパターンそして供給能力を同期化します。供給の安全、資材在庫そして輸送コストを最適化します。

弊社はお客様のニーズを重視します。弊社がお客様の組織にぴったりのソリューションを設定するうえでお客様のプロセスが役立ちます。フレクシスがお客様の組織にどのようにしてポジティブなインパクトをもたらすのかご確認ください。

マスター生産スケジューリング– 注文割付

セールス&業務プランニングの早期段階から業務プランや割り当てを勘案したマスター計画を策定し、これらを資材プランニングやロジスティクス・プロセスと組み合わせます。結果として、その後の注文プランニングに対して安定した基盤として機能する、スムーズなマスター計画が実現します。

フレクシスのソリューションは、需要に基づいたダイナミックなマスター計画を用意することができ、同時にリーンなロジスティクス・プロセスを保持し、顧客に卓越したメリットをもたらします。

詳細

マスター生産スケジューリング– バランス調整

業務プランと顧客ミックスに基づいた、安定した均一な生産プランを策定するため、現在の注文を平準化して円滑なものにします。期限厳守の納品を保証するためにニーズ・ベースの最小限の在庫補充を実現し、さらに可能な限りリーン化します。これにより、あらゆる利用可能なリソースを効率的に活用する、スムーズなジョブ・プログラムが実現します。

ニーズ・ベースのスケジューリングを、効率的な生産のための最小のロットサイズのパターンにて同期化します。

詳細

輸送スケジューラー

合理的な貨物密度やスケジュール・プランニングにより、輸送能力を最適化します。必要な資材のためのピックアップ時間窓(スケジュール)を設定します。利便性の高いツールを開発するため、輸送計画には資材プランニングと貨物最適化が統合されます。

供給の安全、資材在庫および輸送コストを一括して最適化します。

マスター計画をダイナミックに策定します。お客様のロジスティクス・プロセスを安定化させます。

フレクシスのスケジューリング・フレームワーク。1つのフレームワークに多くの可能性が秘められています。

注文マッチング

現在のマスター計画における計画済みの注文を実際の新規注文と入れ替えます。注文に対する最適なロケーションを判断するため、インテリジェントな最適化技法により、新たな顧客の依頼事項を現在の生産プランに連結するのを支援することができます。マスター計画の安定性を保持しながら顧客に対してBTPオプションを提供することで柔軟性の強化を図ります。

顧客に対するリアルタイムの納期コミットメント

顧客の納期の迅速な確定を可能としながら、最適な利用可能な生産スロットに基づいて受注案件をプランニングおよびブッキングします。顧客に対する付加価値を生み出すために流通の信頼性と生産の安定性を連結します。

生産可能在庫量(CTP)

新たな注文が発生した際、または顧客の注文が変更された際に取るべき最適なアクションを迅速に判断します。納品のコミットメントが資材の利用可能性やサプライチェーンのクロスチェックを通じて約束通りに履行される状態が持続するのを保証します。長期のリードタイムを持つアイテムに対して、サプライチェーンの安定性を通じて、約束の納期をさらに確実なものとすることができます。

目的をもって行動– 事前アラートにより迅速に対応

リスクを軽減して全体管理を強化するため、予測型アラート機能を通じて間近にあるボトルネックを早期に認識します。迅速なプランニング機能により、予期せぬ障害が生じた時、これに対処する最適な意思決定が可能になります。また、アラートは障害事由の影響や範囲に応じて変更を実施する必要があるのか、プランをそのままにしておくことができるかどうかを表示します。