コンテナ管理

コンテナ貨物 – コンテナ引き抜き

既存在庫の15~25%圧縮

倉庫スペースの6~12%節約

輸送費の5~8%削減

長期保管コンテナの30~50%削減

コンテナヤードでの滞留コストの8~12%削減

積載物が重要:必要な部品を対象とする適切なコンテナの発見

供給ネットワークのグローバル化が進むなか、企業は未確定の生産プランに基づいた混載コンテナの梱包という課題に直面しています。輸送中に生産プランや部品交換が変更され、供給プランが放棄される恐れがあります。プッシュ型コンテナ管理システムを用いることで、フレクシスは在庫、リソースおよび貨物密度の明確化により、業務プロセス全体を合理化することができます。

お客様の要求事項とプロセスに対応する弊社のソリューションのフレームワーク。組織内の既存および将来の目標達成を支援するために、フレクシスがどのようにカスタマイズを実現できるのかご確認ください。

コンテナの積み込み

• 最初の搬出から始まり、現地ならびに特定の上積み規則や船積み規則を勘案し ながら、海上コンテナの数を最小化する最適化された積み込み序列を策定します
• 積み込み序列に対する同期連結を維持するため、ラインやキャパシティの制約に 関する特定の条件を勘案しつつ、梱包ラインの割り当てを最適化します。
• 資材をタイムリーに積み込み序列にしたがって引き抜きます。
• ベンダーの部品に対する資材要件のプランニングを目的とした交換リストを作成します。

業務プロセス全体を効率化するため、N次引き取り制御にて、E2E引き抜き計画プロセスにおけるキューブ最適化を統合します。

詳細

コンテナ引き抜き

• 倉庫フロアの不要な在庫や生産時の部品不足を最小化するため、現行の需要に基づいた引き抜き判断を行います。
• コンテナの使用期間を最小化しながら、供給品の安全性を最大化します。

山積する要求を満たすため、引き抜くべき適切なコンテナを特定します。

詳細

長期保管コンテナ数の30~50%削減

フレクシスのコンテナ管理フレームワークの特別な点とは何でしょうか?確認してみてください。1つのフレームワークに多くの可能性が秘められています。

コンテナの3D可視化

コンテナの積み込み最適化は、プランニング担当者や梱包担当者が最適化された積み込みプロセスを理解しやすいように、3次元画像で表示することができます。梱包物に複数のカラーを用いることにより、可視化されたコンテナの直観的なイメージがもたらされ、貨物を点検するのに容易な回転および傾斜が可能となります。

範囲の全体ビュー

コンテナ管理において重要となるのは、コンテナの現況(保管、コンテナヤード)を表示する引き抜きの展望です。現在の部品を利用する可能性から、必要となる生産の日数、時間または階層数を明確にするため、この展望を通じて現在の在庫を分析することが可能になります。部品充足範囲は、生産要件がどう達成されているのかを示すために、色を使って表示されます。保留中の不足分は、潜在的な部品不足を事前に判断する機能により軽減されます。

在庫の最小化

透明性を強化することにより、フレクシス・ソリューションは組織のリーンな能力を最大化し、保管コストを大幅に削減することができます。必要となる部品の範囲が容易に特定可能となるため、余剰在庫を最小化することができます。

割増運賃の回避

先を見越したプランニングにより、調整可能なプランニングの余裕をもたらすことができ、その結果、サプライチェーンの透明性が高まります。現行または将来の供給が生産の要件を満たすうえで十分なものかどうかを早期に認識することができるため、他の輸送手段を使って必要な期間内に納品できる際には割増運賃の削減につながります。

コンテナヤードのビュー

コンテナヤードで現在利用可能なコンテナの一覧を確認することで、現行の在庫の詳細分析、遅延をもたらすような品質の問題やその他の問題を伴うコンテナのブロックが可能となります。これに加え、コンテナ積載部品を、陳腐化の可能性や税関の罰金等のコンテナ貨物のリスクに対応させて分析することができます。