参照序列計画

最適な生産序列を維持しながら、プロセスのコストを最適化

ジョブ別の正確なスケジューリングによるリスクヘッジされたパールチェーンの安定性

多大な資材バッファーが不要の安定性

プランニング環境の変更をシミュレーション

最適化モデルに対する保管オプション

ルール違反を容易に可視化

序列計画の是正を必要とする変化する状況に迅速に対応

参照序列計画

部品工場に対するジャストイン序列の注文プランニング - フレクシスの参照序列計画により、最小の在庫によるサプライチェーンへの移行が可能

部品工場における契約プランニング・プロセスは、リエンジニアリングされることになります。大きな在庫バッファーを抱える従来のサプライチェーンはもはや過去のものです。プッシュ型ではなく、ジャスト・イン・シークエンスやトレーラヤード・コンセプトというプル型管理への移行は、事業部門がタイミングを整合させるうえで協業する必要のある環境をもたらします。

フレクシス参照序列計画は、生産領域の全体ビューを提供するために、事前組み立て内の輸送と処理の時間に加え、顧客納品期日を用います。これによってもたらされるプランが、連結された最適生産プログラムと人的資源を考慮して、最小在庫のサプライチェーンを可能にします。

在庫を多く持たないサプライチェーンにとって典型的な課題とは、1つの最適化された序列を生み出すために、さまざまな取り置きの細目を結合することです。伝導装置の施設が、主工場での関連する注文に対して直ちにエンジンをバインドすることができる一方で、部品のレベルでは、顧客の日次や週次の取り消しで、より難しくなっています。フレクシス参照序列計画がもたらすわかりやすい図解が、さまざまな供給コンセプトやその制約を示すために必要とされています。


詳細について確認されたい場合には、以下にメールアドレスを入力してください。ファイルのダウンロード用リンクを送信いたします。