セールス&業務の統合プランニング・フレームワーク

セールス・プランニング– デマンド・キャパシティ・プランニング– デマンド・キャパシティ管理

統合された機動的なプランに必要なプランニング・プラットフォームは、今日だけでなく将来の計画を立て、戦略的プランニング・プロセスおよび戦術的プランニング・プロセスのどちらも考慮するものであることが必要です。

フレクシスのセールス&プランニング・プラットフォームには、リアルタイムのプランニングを実現するための技術的な基盤として、N次元のインメモリー・データモデルが備わっています。採算性のあるカスタマイズされたセールスと業務のプランをユーザーに提供するために、すべての関連データはこのプラットフォームを通過することになります。

お客様のご要求とプロセスに、弊社のソリューション・フレームワークを導入しましょう。お客様の組織における現在および将来の目標達成に向けて、フレクシスがどのようにカスタマイズできるのかをご覧ください。

セールス・プランニング

製品ライフサイクルにおいては早急に、セールス組織、生産ネットワークそして製品構成を構築することが重要です。早期にこうしたシナジーがあることで、さまざまな領域およびプロセスの責任者は、システムが支援するワークフローを通じて、プラン(物量プラン、調整レベル)を連携調整することができます。トレンド分析や過去のセールス・プログラムのデータなどの効果的な予測および分析機能を用いることで、こうしたプロセスをさらに最適化することができます。世界各地の多様な製品階層、地域または所定の工場や流通チャンネルに対するプランを、設定および確立することができます。

セールス・プランニングを同期化し、情報に基づいた戦略的意思決定を行います。

詳細

デマンド・キャパシティ・プランニング

ニーズやキャパシティの統合プランニングは、量や設備の利用可能性、BOM情報自体を考慮しながら、BOMモジュール予測を通じて実施します。これによって得た長期的な部品要求は、ユーザーがキャパシティ・プランニングや最適化を開始するうえでの基盤となります。キャパシティの制約は、モデル、製品または部品のレベル、および何らかのグループに、設定することができます。ボトルネックと過剰キャパシティに容易に気づいて是正できるようになります。

需要キャパシティのシナリオの活用を通じて、さらなる予防措置を講じることが可能です。このシナリオでは、障害に対して可能性のある反応がまずは検証されて、最もポジティブな効果を与えるものがわかります。

詳細

デマンド・キャパシティ管理

注文の実値や予測値に対するキャパシティを最大化することによって、短期から中期の全体的プランニングのメリットが得られます。需要とキャパシティの継続的なバランス調整が、供給可能量の変化や、生産の中断、注文の変更といった混乱のリスクを最小化します。また、これによって影響を受ける注文の迅速な特定が可能になります。その結果、他の場所における利用可能なキャパシティを活用して、再配分することが可能となります。代替プランは、互いに検討される「状況仮定(what-if)」シナリオを用いて検証することができます。

当初プランからの乖離に対し、早急に断固たる対応を実施します。

詳細

変更部分は全てのユーザーに対し、”リアルタイム”で見える化されます。

フレクシスのセールス&業務フレームワークの特筆すべき点は何でしょうか?

1つのフレームワークには多くの可能性が存在するのをご自身の目で確かめてみて下さい。

信頼性の高い予測

信頼性の高い長期的セールス・プランニングが容易になりました。部品要求や部品の入手可能性をお客様の長期的プランに基づいて判断します。あらゆるプランニングのレベルで需要予測を作成します。個別注文と包括的な注文セットの両方において、迅速な多層的BOM展開の見込みを利用します。既存のキャパシティの透明化によって、投資の過不足という潜在的なリスクを最小化します。

「状況仮定(what-if)」シナリオによるセキュリティ

変化する状況に迅速に対応します。「状況仮定(what-if)」シナリオを通じてジョブの変更に対処する代替策を、迅速かつ正確に検証します。影響を受けるジョブやプランニングの量を特定し、利用できるキャパシティを最適化するための需要シナリオを生成します。「状況仮定(what-if)」シナリオのおかげで、代替オプションの検討、意思決定の検証、および最も採算性の高いソリューションの見極めを通して、インテリジェントなプランニングが可能となります。

完成品/市場在庫のプランニング

現代の世界において、さまざまな市場に存在する完成品の在庫を柔軟に活用できるのは重要なことです。それでも、物品が見込み生産や受注生産、その他の方法で製造される場合、適時に相応しい製品を適切な市場に出す透明性を持つことが、組織の成功にとって特に重要となります。フレクシスは、現在の業務の明確な概要を作成し、将来のセールスと生産の予測を構築して、在庫動向に関する現行需要とキャパシティ変動の精査を支援することで、柔軟性を強化することができます。

プランニング担当部署の意識の向上

ユーザーが変更を申請する場合(需要、制約、新規グループなど)、すべてのユーザーが最新のデータで業務を続けられるように、リアルタイムでアップデートが行われて表示されます。これにより、すべての意思決定が最新情報に基づいたものとなり、数分前に適正であったものの既に変更されてしまった情報には準拠しないということが、保証されます。こうした同期化の強化により、プランニング担当部署が従来の序列的なプランニングの方法ではなく、同時並行でのプラン策定が可能となります。こうしたシナジーの強化に伴い、意思決定の向上、効率性の改善、ならびに業務の全体的状況の把握強化が可能となります

プランニング・パラメーターのシンプルな設定

フレクシスが提供する大きなメリットは、弊社独自の「ディメンジョン・マネージャー」プラットフォームの統合です。弊社のモジュールへ直接組み込まれたディメンジョン・マネージャーにより、ユーザーはすべてのユーザーに対して、利用可能なカスタマイズされたパラメーターを迅速に定義することができます